ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

血管年齢測定方法とマイナス5歳を保つ5つの方法

by HC_factory

血管年齢測定方法 マイナス5歳を保つ5つの方法

よくテレビで取り上げられる「血管年齢」、血管年齢という言葉は聞いた事があるけれどどういう意味なのか知らない人は意外と多いです。血管年齢とは血管の硬さを表しています。血管年齢が若いと血管はしなやかに動きますが年齢が下がると血管が硬くなってしまい柔軟さが無くなってしまいます。

血管年齢気にはなりつつも、自分にはまだ関係がないと思っていませんか?血管年齢を測る為だけに病院に行く暇が無いという人は多いと思います。ですが血管年齢は病院以外でも自宅で簡単に測定する事が出来るのです。

血管年齢が実年齢より上回ると動脈硬化になりやすくなるだけではなく、動脈硬化から様々な病気を発症してしまう危険性があるのです。血管年齢が上がる原因はタバコやストレス、肥満など生活習慣の乱れ・食生活の乱れによるものですが、逆を言えば食生活と運動で血管年齢を若返らせる事が出来るのです。

思い当たる人は血管年齢を測定して動脈硬化にならないよう予防してみませんか?
続きを読む →

口内炎に塩がとっても有効な理由と正しい使用方法

by HC_factory

口内炎に塩がとっても有効な理由と正しい使用方法

口内炎って、やっかいですよね。食べるたびにしみるので、痛い部分に当たらないようにできるだけ反対側でかむようにしたりします。また、汁物やトマトなどの野菜、酢の物などはとてもしみるので、食べられるものも限られてきます。

なんとか食べられそうなお肉なども、小さく切ってそっと口に入れたりと大変苦労をします。口の外なら、絆創こうを貼ってみたり、何かでおさえることができますが、口の中はそうはいきません。

口内炎は、ほっておいても1~2週間で自然に治ります。そのため、そのうち治るだろうと放置している人が多いと思います。しかし、ひどくなると、しゃべるだけでも痛いのでボソボソしゃべることが多くなり、相手は聞こえづらくなってコミュニケーションにも影響してきます。

痛いと口数も減るので、「なんだか機嫌でも悪いのかな」と誤解されたりすることもあります。また、夜寝るときもズキズキ痛くて眠れなくて困ることがあります。

こんなやっかいな口内炎ですが、ある日突然なるので身近に薬がなかったり病院に行けなかったりします。こういうときに、民間療法をためしてみることをおすすめします。

民間療法では、塩やはちみつ、梅干し、緑茶などが良いといわれています。この中でも、どのご家庭の台所にもたいてい置いてある「塩」を取り上げて、紹介したいと思います。
続きを読む →

抗生物質服用時にアルコール等、一緒に飲んではダメなモノ

by HC_factory

抗生物質服用時にアルコール等、一緒に飲んではダメなモノ

風邪の時などに出される抗生物質。数日間飲み続けなければならず、その間様々な摂取制限がかかります。

カラダが病んでいるわけなので当然といえば当然ですが、仕事などでどうしてもお酒などのアルコールを飲んだりしないといけないこともあります。抗生物質服用に関して、注意しなければいけないことなどまとめてみました。
続きを読む →

耳たぶに出来たしこりって何?様々な原因と対処法

by HC_factory

耳たぶに出来たしこりって何?様々な原因と対処法

耳たぶを触ると、コリッとしたものが!どうして、こんなところに”しこり”ができてしまうのでしょうか?しこりって、とっても危ないものなんじゃないかと気になって仕方ない。

そんな、耳たぶにできる”しこり”を見ていきたいともいます。
続きを読む →

風邪をひいた人を看病する時に最も気を付けるべき5つのこと

by HC_factory

風邪をひいた人を看病する時に最も気を付けるべき5つのこと

家族やパートナー、恋人などが風邪を引いたらやはり心配で傍について看病をしてあげたくなります。特に小さい子どもが風邪を引くと、大人と違い症状を訴える事が出来ません。

辛そうな姿を見ていると早く治してあげたくなりますよね。風邪の症状を少しでも和らげてあげる看病の仕方や食事が大切ですね。ですが、看病中に風邪が移ってしまっては大変です!

特に母親が風邪を移されてダウンしてしまうと家族全員が一気に困る事になってしまいます。感染予防をしながら看病に専念する為の気を付けるべき5つの事をお伝えします。
続きを読む →

口内炎治療に効果的な食事と効くその理由

by HC_factory

口内炎治療に効果的な食事と効くその理由

口内炎が出来ると飲み物や食べ物を口に入れた時のあの強い痛みがとても不快ですね。そもそも口内炎の原因は食生活の偏りと生活習慣の乱れにあると言われています。

食事や生活習慣を改善をする事で口内炎が出来てしまうのを防ぐ事が出来ますが、出来てしまってはあの痛みに1週間~10日程耐えなくてはいけません。

そして、あの痛みからお腹が空いていても食べたくないと思う人も多いと思いますが、その間食事を摂らない訳にはいきません。どのみち食事をしなくてはいけないのですから、毎日毎食を口内炎治療に効く食事に変えれば治療効果は上がります。

口内炎に効く食事で口腔内の粘膜の健康維持も可能になります。是非、取り入れてみてはいかがでしょうか?
続きを読む →

頭痛でお悩みの方必見☆その治し方は本当にあってる?

by HC_factory

頭痛でお悩みの方必見☆その治し方は本当にあってる?

現代病ともいえる片頭痛。アナタを突然悩ませる厄介な頭痛ですね。

色々な治し方があり自己流の痛みの和らげ方がある人も多いとおもいますが、それ本当にあってるのでしょうか。

片頭痛の種類別にみていきましょうね。
続きを読む →

血管年齢を自宅で測定!すぐにできる5つの方法

by HC_factory

血管年齢を自宅で測定!すぐにできる5つの方法

血管年齢という言葉を、テレビなどで耳にすることがありますよね。タレントの方が、実年齢より高かったとか低かったという測定が出て、一喜一憂している場面を見ることがあります。

でも、一般の人は、血圧や脈拍の測定や血液検査をすることはあっても、血管年齢を測定することは特に意識していないと、あまりないように思います。

血管年齢とは、言葉のとおり血管の年齢のことで、血管の老化の目安になります。若いときの血管は、弾力があって柔軟で健康な状態ですが、年齢を重ねると柔軟さがなくなり、硬くなっていきます。

若いときは、多少脂っこいものを食べても、コレステロールが血管につくことがありませんが、血管が年をとってくると、コレステロールが付着しやすくなります。

また、緊張したときや運動をしたときなど、心臓が早く動いているときは、血液が血管の中をすごい速さで流れます。そのとき、血管が固いとその血液を受け止めきれずに傷がつきやすくなります。

その傷がもとで血栓になることがあります。さらに、血液の流れがとまると脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞になってしまいます。そうなると急速に生命の危険性が高まります。

また、血管は外から見えないうえに、症状がでたときには、すでにいのちに関わる状態になっていることが多いので、すい臓と同じように「沈黙の臓器」といわれています。

ですので、血圧や血液検査と同じように、血管年齢を測定し、自分の血管の年齢を知ることが大切です。もし、実年齢より高い場合でも、日ごろの習慣を少し見直すことで、血管年齢を下げることができます。

食生活では、お肉よりも魚を多く食べるようにしましょう。魚に含まれているDHAやEPAが血管年齢を下げてくれます。これらは中性脂肪を減らして、動脈硬化のリスクも減らすことができます。

他には、食物繊維を多くとるようにしましょう。食物繊維は、コレステロールの吸収をおさえる働きがあります。食物繊維を多く含んでいる食材は、海藻類やきのこ類、ゴボウなどの野菜があります。大豆に含まれているイソフラボンも、動脈硬化を予防してくれます。

特に納豆に含まれているナットウキナーゼは、血液をサラサラにする効果があるといわれています。適度な運動も血管年齢を下げる効果があります。

最近は運動不足の人が多く、特にパソコンなどのデスクワークを長時間している人は、ストレッチや散歩、軽いジョギングなどをすると良いでしょう。

このように、血管年齢についてみてきましたが、実際に血管年齢の測定ができるのは、病院だけと思われている人が多いと思います。しかし、実は自宅でも簡単に測定できます。

仕事をしている方は、病院になかなか行くチャンスがない方も多いでしょうし、そもそも、どこの病院の何科に行っていいかもわかりづらいです。

なので自宅で気軽に測定できたら便利ですよね。そこで、自宅で簡単に血管年齢を測定する方法をお伝えします。
続きを読む →

不眠に効くツボを刺激して今日から安眠できる5つの方法

by HC_factory

不眠に効くツボを刺激して今日から安眠できる5つの方法

疲れているのに眠れない。ちょっと○○をしたら目が冴えて眠れなくなってしまった。そんな辛い不眠症。なるべくならクスリに頼らず不眠を解消するには、なんとツボが効くんです。

睡眠不足は、疲れが取れないだけでなく、健康も害します。今回は不眠に効くツボを刺激して安眠する方法をまとめてみました。
続きを読む →

しつこい片頭痛の治し方☆お医者さんも勧める対処法

by HC_factory

しつこい片頭痛の治し方☆お医者さんも勧める対処法

慢性頭痛を訴える方は3人に一人とも言われ、片頭痛の方は5~6人に一人だそうですが、スマホやううタブレットの普及に伴い、眼精疲労などからくる頭痛も増えています。

片頭痛に悩まされている方は、30~40代の女性に多く、約1/3の方に前兆があるとされます。ひどくなると、吐き気までしてきて寝込んでしまうことがあるツラい病気です。

片頭痛は、治る病気なのでしょうか?長年付き合っていかなければならない病気なのでしょうか?ここでは、片頭痛の治し方や対処法をまとめました。
続きを読む →